性病で性器周辺に異常が出る病気

近年、性の若年化が進んだ影響で性病にかかる人が急増しています。性病と一口に言ってもその症状は様々で、性器に異常が現れるものや、性器に異常が現れないがために感染に気づかずに悪化して命落としてしまうものまであります。そんな数多くある性病の中でも一般的なものの多くは性器周辺に何らかの異常が現れます。
例えば、カンジダというカンジダ属の真菌(カビの一種)よって起こる病気は、性器周辺にかゆみが現れます。そして、女性の場合ヨーグルト状やカッテージチーズ状のおりものが増えます。この病気は性行為による感染もありますが、体調の変化によってもともと膣内にあったカンジダ菌が異常発生してしまうことで起きてしまうこともあります。このカンジダの治療にはエンペシドクリームという治療薬が使われます。エンペシドクリームは継続使用することでカンジダの治療へと繋がる為、もし使用する際は通販サイトなどで多く購入してみるのも良いでしょう。
またそれ以外にも、ヘルペスとよばれる性病は性行為によってヘルペスウィルスに感染する事で性器の周辺が赤く腫れ、水ぶくれができます。そして、その水ぶくれが潰れて潰瘍となると激しい痛みを伴います。また、性器周辺のリンパ節も腫れる事から発熱や倦怠感、頭痛を起こす事もあります。そんなヘルペスの治療薬として有名なのがバルトレックスです。バルトレックスはバラシクロビルを主成分とし、ヘルペスの原因であるヘルペスウィルスに効果のある抗ウィルス薬となっています。バルトレックスはウィルスDNAの複製を阻害してヘルペスウィルスの増殖を抑えます。ウィルスの少ない初期段階であればあるほど効果的なため、できるだけ早く服用することにより早期治療が見込めると思われますので、ヘルペスはバルトレックスで治しましょう
そして、尖圭コンジローマはヒト乳頭腫ウィルスに感染することによって性器の周りにイボを形成します。ただ、このイボ自体は悪性化が少なく症状が現れない事が多くあります。
これらのように、性器周辺に異常が出る性病のほとんどがウィルスや菌による感染がほとんどですが、それ以外にも原虫が原因となって起こる性病もあります。ケジラミの場合、性行為によって陰毛に小さな虫が移り、毛に住みつくことでかゆみが現れます。同じく原虫が原因で起こるトリコモナスは、性行為以外にも便座や浴槽などから感染する事があります。このトリコモナスに感染すると女性の場合、悪臭の強いおりものが増え性器周辺に激しいかゆみが現れます。しかし、男性の場合は自覚症状が現れにくいため感染に気がつかない事も多くあります。もしトリコモナスに感染してしまった場合は抗トリコモナス薬であるフラジールという治療薬が効果的です。フラジールの有効成分はメトロニダゾールという成分です。メトロニダゾールはトリコモナスの原因であるトリコモナス原虫を殺虫する作用があります。また、トリコモナスだけではなく細菌感染症にも効果があると言われています。トリコモナス症の場合では、10日間服用することで治療できると言われていますが、再発防止のために指示された期間しっかり飲み続けるようにしましょう。
世の中には様々な性病がありますが、現在ではほとんどの性病には専用の治療薬があり、治療できるものとなっています。しかし、中には不治のものもあったり、放って置くと合併症を引き起こしたり危険なものもあるので注意しましょう。